新型コロナ 新たに9人感染確認 1ケタは34日ぶり

この記事をシェア

  • LINE
高知 2021.09.13 18:19

県は13日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに9人確認されたと発表した。1日の感染者数がひとけたとなるのは8月10日の9人以来、34日ぶり。
新たに感染が確認されたのは、10歳未満から40代までの男女9人。市町村別では、高知市が6人、南国市が3人。全員、軽症。感染経路がわかっていない人はいない。
年代別では10歳未満が最も多く4人で、10代が2人、20代から40代までがそれぞれ1人ずつ。
県の発表によると9人すべてが家庭内感染で、このうち、高知市の保育園に通う兄弟2人の感染が明らかになっている。県はこの保育園の園児55人を濃厚接触者または接触者として検査する予定。
また県はきょうから入院協力医療機関が1つ増え対応する病院があわせて18か所になったことと、県内の病床を新たに58床確保しあわせて292床になったことを報告した。
県は「新規感染者は下降局面」としているが、一方で、すべての療養者の数が非常事態の判断指標を超えていることなどから対応のステージは「非常事態」に据え置いている。
これで県内の感染確認は3987人となった。入院、治療を要する人は261人。このうち中等症が12人、重症が6人。宿泊療養施設を利用している人は79人、自宅療養、自宅待機している人は114人。